あなたは大丈夫?結婚式お呼ばれ服装マナートップメイン画像

結婚式それは純白のウェディングドレス、伝統的な歴史あるチャペル、そしてたくさんの祝福してくれるゲストたち。
そういった魅力が溢れていますね。
そんな結婚式に自分がゲストとして参列するという機会があることでしょう。

結婚式に参列する際どんな服装をしていこうか迷ってしまいますよね。
自分に似合っているかどうかも大切ですが結婚式にお呼ばれされた時の服装にはマナーがあります。
似合うだけではなくその服装マナーにもしっかりと注意して着ていくものを選ばなくてはなりません。


服装マナーの基本を身につけよう

結婚式にゲストとして呼ばれた時どういった服装をすればいいのか気になるところですよね。
自分に似合うかどうかだけではなく結婚式の雰囲気にあっているかも大切ですしマナーもしっかり守らなくてはなりません。

結婚式お呼ばれ服装マナーとして絶対に破ってはならないこととはなんでしょうか。
基本中の基本ですがそれは白系ドレスを着てはいけないということです。


白系ドレスは花嫁だけの特権

結婚式に着て行くドレス。
なぜ白系ドレスがダメなのか女性なら大体の人がわかるでしょう。
そうでなくても花嫁の気持ちを考えればダメな理由が自然と浮かんでくるはずです。
白系ドレスは花嫁だけの特権と言えます。
純白のウェディングドレスを着ることに強い憧れを抱きながら当日を迎えたという人もたくさんいることでしょう。

この時気をつけてほしいのが「純白」ではなく「白系」のドレスがダメということです。


純白ではなく白系ドレスがダメ

純白ドレスも当然ダメですが白系ドレスもダメです。
例えばクリーム色や薄ピンク色など光加減などによっては白っぽく見えてしまう色があります。
こういった色は写真写り次第で真っ白に見えてしまうこともあるので選ばないほうがいいです。

ドレスだけではなくボレロなど羽織モノを選ぶ際も要注意です。
羽織モノがクリーム色や薄ピンクの場合も透け素材でなければ白く見えることがあります。

披露宴中は基本的に着席して過ごしますから上半身のみ見える状態が多いです。
上半身だけ見て全体的に白っぽくなっていないかということもしっかりと確認しておきましょう。



レンタルドレスを利用して結婚式に参列しよう:レンタルドレスモーダ